アイコン

キャッチコピー

風景

『むらのもちや』のある旧柳田村は、奥能登のへそ部分にあり、四方を山々に囲まれた小さな盆地にあります。奥能登の中でも風が穏やかで、きれいな空気と水に恵まれた美しい地域で、世界的にも貴重な「アエノコト」が伝統文化として息づいています。

かつて農業を取り巻く環境は、農耕技術が今ほど発達していなかったため、自然環境の影響は今よりもずっと大きなものでした。そのため、この土地の人々は、自然の恵みを享受しながらも、畏敬の念を片時も忘れず、自然とうまく折り合いを付けて生活してきました。そんな暮らしの中で発生し、この土地に定着したのが、「アエノコト」という農耕儀礼です。

『むらのもちや』ではこのように守り続けられてきた文化や営みをいつまでも大切にしていきたいと考え、地元で育まれた素材を最大限生かし、この地域の昔ながらの味にこだわった 『温かいものづくり』につとめています。

  • あえのこと
  • あえのこと

伝統の味を守り続けてきたおばあちゃんたちの技術をもとにした、自然の味を基本とした商品作りに徹し、昔ながらの杵つき製法で作られたおもちは、風味豊かで煮崩れしにくいのが特徴です。

もち米は、地域の農家の方々が、自分たちが食べるためだけに作っているもので、市場に出回ることの少ない、雪解け水をたっぷり吸い込み厳しい温度差に耐え抜いて育った能登生粋のお米を使用しています。

石川県民のお正月の定番、紅白の鏡餅に加えて、お雑煮などに最適な塩味のきいた「のしもち」など、『むらのもちや』おもちには、今に伝えるべき奥能登の味と伝統が詰まっています。

  • 稲
  • “餅作り”

ひと昔前までは、たくさんのお家でお餅つきをして行事があるごとに各家々でお餅やお赤飯をつくっていましたが、奥能登でも最近は、餅米を栽培していても自宅でお餅をつくらないお家が増えてきてきました。
そんな状況を寂しく思い「奥能登ならではの味を文化と共に残したい」と以前から地元のお米を取り扱っていたことを生かし、地元の素材を使用したもちや『むらのもちや』を始めることとなりました。

  • 作り手
  • 外観